2018W杯32か国ユニフォーム第三弾

2018W杯32か国サッカー ユニフォーム最終章。

1、ドイツ代表W杯ユニフォーム

2014ブラジルFIFA大会のチャンピオンドイツ代表。今度W杯ユニフォームは優勝連覇を狙うのデザインだ。1990年西ドイツチームへの敬意、1990年イタリア大会当時のグラフィックはドイツ国旗色のトリコロールだが、今回はモノクロームでファッションセンスに。ユニフォームサプライヤーは日本代表、メキシコ代表、アルゼンチン代表などと同じ「Adidas」。

2、メキシコ代表W杯ユニフォーム

伝統的なグリーンが映える新ユニフォーム。1994年アメリカW杯大会モデルにインスパイアされたデザイン、特徴として脇まわりに備えた独特なグラフィック。

3、スウェーデン代表W杯ユニフォーム

新ユニフォームは1980年代から1990年代にかけて着用されたモデルに触発された。伝統的なイエロー色調で差し色に青を使ったデザイン、身体にはぼやけたインプリント柄が入っている。

4、韓国代表W杯ユニフォーム

太極戦士を称する韓国代表、今度ロシア大会は8大会連続10回目のW杯出場となっている。新ユニフォームは伝統の赤基調で、従来は青のチームエンブレムが白黒となって、左胸に備えられている。

5、ベルギー代表W杯ユニフォーム

2大会連続13回目のワールドカップ出場のベルギー代表、1984年欧州選手権で使用したモデルからインスパイアされたデザイン。目を引くのが、連続する菱形が交差する胸のアーガイル柄。

6、パナマ代表W杯ユニフォーム

W杯初出場のパナマ代表、新ユニフォームはパナマ国鳥のオウギワシとパナマ市のスカイラインに触発されたグラフィックが特徴的なデザインとなっている。

7、チュニジア 代表W杯ユニフォーム

白基調でクールネック。サイドにグラフィックが特徴的な仕上がりとなった。

8、イングランド代表W杯ユニフォーム

クラシックなデザインとハイスペックな機能が融合されたモデルとなった。襟は赤ラインに飾られ、ナイキロゴは青で配されている。総体シンプルなデザイン。

9、ポーランド代表W杯ユニフォーム

3大会ぶり8回目のW杯出場を控えているのポーランド代表。新ユニフォームはイーグルのスピードブラーデザイン、白基調でプラチナムグレーで描かれた対角線のパターンを備えた。

10、セネガル代表W杯ユニフォーム

新ユニフォームは白基調で差し色に緑を用いたデザイン。前面には前モデルでは鮮やかなライオングラフィックを備えていたが、新モデルでは薄くライオングラフィックが飾られている。

11、コロンビア代表W杯ユニフォーム

2大会連続6回目のワールドカップ出場のコロンビア代表、新ユニフォームは1990年イタリアW杯大会で使用されたモデルにインスパイアされたデザイン。背面の襟元には、愛国心を意味するスペイン語“UNIDOS POR UN PAIS”をプリント。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です